スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマスSPその6

亜美真美クリアしたお^p^
また死ぬ気でゲームやってしまった。
2周目なのでサクサク。残り11週残してゲームクリアでプロデュース終了。
ホントはのんびり最後まで粘ろうと思ったけど、ストーリープロデュースを54週間以内でクリアという実績があったので、できるならやっとくかというノリで終わらせた。
最後は3週間必要なので、とりあえず保険をかけて50週目に最後の戦いへ移動。

まあぶっちゃけほとんどオールイメージマックスのイメージレベル16だったんで、営業くらいしかやることなかったんだけどね。残ってても。
レッスンになれると箱版より遥かに楽に高イメージになれるし、箱版よりファン人数も集めやすいわな…。


亜美真美はどことなく幼い感じで、相手のことをよく思いやれるいい子だなー。
それはまあ箱版からそうなんだけども。
今回はストーリー上特にそんな感じが出てたと思う。まあPの一言でぐっと気合いれる様子も可愛らしいよね。
だがまあ亜美真美は幼いので、にやにやするイベントはあまりありません。これは仕方ないww
その反面貴音との絡みが実に興味深いものだったw いや、貴音とくっつくとかそういうイベントはプロデュース中にはないんだけどさ、あの距離感がたまらなく好き。
ドラマCDではひたすら硬い感じだったけど…・。これは亜美真美のストーリーだからかもしれないけど、Pともよく接触し、柔らかな物腰も見せるいい子だったよ。
亜美真美編は亜美真美が学ぶことも多かったけど、貴音が亜美真美やPから学ぶことも多い、そんな感じのストーリーで良くできてたと思う。

貴音の背後のストーリーもなかなか深く、小鳥さんくらい色々ありそうな匂いがするw
貴音の背後のストーリーはどこまで本気なのだろうか。亜美真美クリアしただけじゃわからない?
やはりライバルキャラは各ソフトの765プロを3人ともクリアしないとよくわからなくできているのかな。
響でそこまで深いなって感じることはなかったけど、貴音はブラックボックスの塊だわ。

あとホントに961社長はどうしようもないなw
なんか面白いことにならないかしらww全員クリアしたら、とかで。

今回は
「フタリの記憶」→「スタ→トスタ→」→「思い出をありがとう」→「GO MY WAY!!」→「ポジティブ!」でプロデュースしますた。
ホントは買った曲を聴きたかったけど、全曲リリースするという実績があるので、そのためにも既存曲を組み込むことにした。
課金曲は事務所モードでまったり見て録画すればいい。どうせストーリープロデュースが終わるころにはみんなイメージレベル16のアイドル神になってるし、ソロの事務所オーデ程度で負けることはないw


あと亜美真美をクリアしたら、なぜか事務所で美希が使えるようになったぞ…!
そして表示されなかったけど、貴音も使えるようになった。
てっきり美希はミッシングムーンで、かと思ったのに。どういうことなんだww
ぶっちゃけ使用しているソフトは関係なく、クリア回数とかが関係してる…?
まあ使えるようになるならそれでw でもちょっぴりミッシングムーンクリア後の特典がなくなった感じがしてさびしいかも。

あ、2回目クリアしたら、オーディションで3つのイメージをアピールできるトリプルアピールができるようになったよ。
まぁこれはほとんど使わないけどね。点数3分割だし。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。