スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整理整頓

ブログのカテゴリがまともに機能していないように思えたので修正して整理しました。

今までアイマス関係で公録やらイベントやらグッズやらCDやら分別していて、何が何やらわからない。
というより、カテゴリのグッズが何のグッズなのかもよくわからない状態だったので、修正しました。
記事の内容は特にいじってません。

整理してみるとゲームの話とアイマスの話しかないブログですね^^lll
もともとそういう趣旨のブログなので、掲げた趣旨に合った内容になっているといえば聞こえはいいw


これから同人活動の方も増える?のかなあ。4月からの生活次第かもしれません。
まだ申し込んでいませんが、5月3日に開催されるアイマスオンリーイベント「My Best Friends Duo」の方に参加できればいいな、と今のところ思っています。
ただ申込の期限が3月いっぱいで、生活スタイルの変わる4月にどうなるかわからず、実際のところ5月に出られるかもわからないw
とりあえず申し込んでから考えるか…。
流石に5月のゴールデンウィークくらい、会社は休ませてくれるよね! 休日出勤とかないよね!
っていうかアイプロの方のカタログと記念品の交換がMBFの方で行われるようなので、仮にサークル側として出られなくても行くしかないよ!


とりあえず今は引っ越しでてんやわんやなので、落ち着いてから申し込もうと思います。
でも折角申し込むのなら、やはり新刊を持っていきたいところです。
今回販売した本は…流石に持って行かない…カナ。
コピー本は締め切りがイベント開催日のぎりぎりまで大丈夫で、オフセット本(通常の同人誌、業者に製本してもらう、きちんとした本)と比べて安く済むもので、売れないというリスクの高い同人誌の初心者にとって、印刷する数を少なく調整しやすいのですが…一人で製本作業をするのはいささか大変w
コピー機でコピーしたものをまず全部折って、そこからホチキスで留めるという作業をするわけです。
つまり印刷する部数が多ければ多いほど、印刷した完成稿を折る数が増える。
今回の16ページのコピー本は両面印刷でB4サイズでコピーしたのを半分に折ったので、合計4枚のコピー用紙からできています。それを25部分折るということは…一人で100枚の紙を折るという作業になるわけで…^-^lll まぁ100枚くらいなら楽なんだけれども…それを当日の朝がたに必死におるのはなかなか大変w
次に作る本はもうちょっと多く刷るつもりではいるので、今回の本ももう一回印刷し製本してたら200枚以上おらないといけなくなってしまうwww
多く刷るつもりとはいっても、今回たまたま良い結果だっただけでしたっていう怖さもあるので結局30部ちょっとか、多くても40部くらいかなとは思ってる。もう少し絵とかが自信持てるレベルならなあ。


コピー本は作りやすい分、一人でやる場合は手間も多いものです。
ただオフセット本と比べれば格段に安くあがるし、オフセットで売るだけの自信もクオリティもまだない自分はどうしてもコピー本じゃなきゃダメなのです^p^

まああれだ…。計画的に行動していればこんなことにはならないw

同人活動をやるにあたっての夢は…。
まずはデジタル原稿!
次にオフセット!
その次にコミケ参加!
ですかね。

デジタル原稿はあこがれです。
トーンはったりなんだりするのは好きなんですが、やっぱり効率とかを求めればデジタルでってことになりそうで。
見栄えも綺麗だし、トーン代が浮くのは大きい。
スクリーントーンはあんなぺらぺらのシールなのに1枚250~300円するという、意外と手を出しにくいものなのです^^
貧乏Pにはきつい出費でした。ついでにコピックもあんなマーカーなのに1本300円するという…。

そして次の目標。オフセットの方が見栄えがコピー本を遥かにしのぐものになるし、活動を今後続けていくならやはりいつかは挑戦はしてみたいと思う。いつかはww
今はまだ時期尚早w

そして最後はコミケに!
大きな舞台で売りたいというのは夢だなぁ^^
今の自分では売れないのはわかっているので、コツコツと経験を積んでいきたいなー。


なんにせよ続けることは大事だと思うので、しっかり続けていきたいところです。


引っ越しといえば、荷造りを急いでやっているところです。
アイマスのグッズやCDだけで段ボール4つ分くらいになるんだけど…--;
本当に忠実な紳士になったものです。
しかしこれらのめちゃめちゃに多い荷物をまた1Kの引っ越し先で開封して整理するのか…。
物に埋もれてしまうぞ^^lll
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。