スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アークライズファンタジアの6

いつの間にやらレベルも47に。プレイ時間も28時間を超えました。ゲームも終盤になってきたと思う。

前回の日記の終わりで、飛空挺(ゲーム内では飛光艇)を操作することができるようになった。
操作してみるとこれがまた動かしにくいwwwカメラワークの悪さが目立つww
でもまあ慣れてくればある程度何とかなる。

ログレス4体を順不同で仲間にしていくような展開。
でも実際は2体しか契約できないようだ。適当に選んじゃったけど、大丈夫かなwww
2体契約したところでストーリーが進み、残り2体は敵にとられたって形になる。


そのログレス4体中2体の契約。
まずはじめに、ザイフェルトという塔に行った。アデールやアルス、つまり敵にエレベーターを取られる。しかしそのエレベーターがゆっくり上がってくので、階段で急げば先に契約できるかも!という展開に。
このエレベーターの遅さがギャグでしかなくてワロタwww
階段を高速で登ってく主人公ラルクの様子を見て、この敵はどう思ってんだろうなwwwとか思ってしまった。凄くシュールな図だった。ボスは風耐性つけてればあっさりでした。

1体ログレスと契約したのち、ちょっとストーリーイベントが入り、別のログレスのところに行けなくなる。
ストーリーを進めるとまた探せるようになった。
また適当に行く。今度は鍾乳洞。実際4体とも契約できるもんだと思ってたので、選び方はホント適当だった。まずかったかも。
ボスまで行く。またアルスたちがいる。どうもログレスと闘ってみて、強い方をログレスが判断し、強い方と契約するようだ。つまり早く倒せた方がいいということ…だろうか。
アルスたちの戦いぶりがわからないので、どうすりゃいいのかいまいちわからないw
水属性のログレスのようなので、炎の魔法を連携して撃ってたらあっさり倒した。たぶん5ターンかかってないw
流石にこれなら問題なかったのか契約できました。
アルスたちはなんか負けたくせに偉そうな捨て台詞吐いて走り去って行った。いい加減うざくなってくるw

その後リフィアが一時脱退するイベントが。
「私は足手まといだから!」と思いこんで、勝手に抜けていくリフィア。
この手のイベントはあんまり好きじゃない。好きじゃなかったんだけど、あまりにも早く帰還して仲直りしたので、笑ってしまった。この辺のあっさり加減は逆にうれしい。

さらにその後、いろいろイベントがあって、製作サイドが好きなんじゃないかなーって思う、ポーニャ、ルーニャと戦闘。
この2人結構可愛いし、多分好きなんだろうなあ。アイオーン隊という敵のボスみたいなのしたがってる軍隊が何故か全部女の子で、しかもプリーツスカートの制服だったりと、製作者とは友達になれそうな気がする。
2人で出てきたが、ポーニャは普通に殴ってたら倒せた。序盤に出てきた時は結構苦戦したが、今では大した脅威でもなかった。ルーニャは…ポーニャを倒す時に範囲技使ったりしてて、それで削ってたせいもあるんだけど、炎レベル3の魔法の連携1発で13000くらいダメージ与えてあっさり倒せた。
連携魔法の威力はやばいw


ストーリーがさらに進む。また牢屋に閉じ込められたりしたわけだが・・・。
ここから急に敵のレベルが上がった気がする。帝国兵とか、かなり固い上にオートガードとか使ってくる。攻撃力も高い。
苦戦するも経験値はおいしいので、少しレベルも上げることにする。


アルスの馬鹿野郎がアデールに騙されて、やっちゃいけないことをし、王様になる。
あーあー、もうあのチームバラバラだよ…。何というか同情の余地すらない外道集団になり果ててた。
正直いつもいつもきれい事言ったり恨み事言ったり、邪魔してくるアルス一行にはイライラしてたw
悲しい誤解と悲しい想いという感じの演出だけど、アルスたちに大した思い入れもないので、むしろ早く倒したいという思いが生まれたw
ストーリーの最後で決戦だろうか。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。