スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類は衰退しました5巻

作者の方がシナリオをしていた、とあるゲームをやっていたので、1巻が出たころからずっと買ってきた。
言いまわしとか文の感じに独特の色があるので、好き嫌い分かれそうだけど、自分は好きだなー。
1巻はいい味出てるなあと思ったものの、3,4あたりで少し冗長な感じがしたので、5巻は買うか買うまいか考えてた。
でも暇だったのと、なんでもいいから本を読みたかったのとが合わさって買ってしまった。

読んでみたら、とてもよかったw
今回のは、主人公の昔話がメインで長いけれど、今までにないくらい人間との関わりが描かれていて面白い。
衰退期というのもあって、ほとんど人間がおらず、妖精さんとのかけあいとかがメインとなるケースが多いので、こうした人間関係の話はやや新鮮だった。
主人公の昔話は、若干俺TUEEEEEが入ってて爽快な部分もあったw
個人的には、妖精さんをもう少し出しても良かったかなとw 妖精さんの会話は、全部ひらがなでなかなかにシュールなので結構好きだ。
妖精さんが出るのと、あのかわいらしい絵柄もあって、童話チックな感じを想像するかもしれないけど、案外黒いのがまたいい。


主人公の昔話のが大体本の3分の2を占めて、残りは違う話。
こっちはもうなんていうか、パロとかの嵐というか…。
色々古いネタが含まれてたり、こっそり作者の主張が見え隠れしたりしてて良かったなあ。やや皮肉の利いた言い回しもあったけど、大体共感できた^p^


ラノベは大した時間もかからず読めるのがいいなあ。人類は衰退しましたも2時間くらいで読めた。
ただ、ラノベは絵の占める要素が強いと思う。絵のない小説を想像しながら読むのもいいし、ラノベで好きな絵だとそれはそれで、キャラを固定して背景とかを想像しながら読んで楽しい。
ただ、絵が好みじゃないとまるで買う気が起きないのがなんともーp- 買わない自分がもったいないなあと思いつつ、キャラ絵まであるのに、それを無視して独自の想像をするってのもなかなか無理でーp-
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。